ロンドンの地下鉄はやっぱりオシャレ!

ロンドン地下鉄で使われる新車両のデザインが発表された。自動運転も可能であり、乗客輸送能力も向上するという。
新しいデザインでは、バリアフリー化が進んでおり、ドアはより広くなり、車両間の通り抜けも可能だ(地上を走る鉄道「ロンドン・オーヴァーグラウンド」の車両デザインに少し似ている)。
すべてのロンドン市民にとって嬉しいのは、エアコンが完備されることだ。特に、真夏に摂氏35度という気温が何度も記録されているセントラル線の利用者にはありがたい。
新車両のデザイン画などは、キングス・クロス・セント・パンクラス駅の通路で、11月中旬まで一般公開される